未分類

卒業証書筒について

今日は卒業証書筒について説明させていただきます。

ベースとなるのは紙管という、ボール芯を筒状にしたものが元になります。

形状も円柱型のもの、またRのついた四角柱に加工することも可能です。そのままですと、フタができませんので紙管は2重構造になっており、一段サイズが小さいものが中にセットされサック形状でフタができるような構造となります。

様々な素材のビニールペーパーやベルベットVP、クロコ柄VP、和紙などに名入れし、筒の外側に巻き貼りすることでデザインを行います。

また、上下フタ部分はブリキ等金属でフタをしますが、筒側の素材の共生地貼り、フタに直接印刷する、黒塗装などでデザインを整えます。

最近では証書フォルダー型の卒業証書ケースも多くなりましたが、やはり卒業式に栄える筒形状も長年人気がございます。

弊社はお客様の仕様に合わせた様々なファイルを生産しております別注専門製造メーカーです。100冊以上の場合、市販品よりも安くオリジナルファイルを製造することも出来ますので、お気軽にお問合せください。

info@chess.co.jp