プラスチック印刷入稿時のデータ仕様

プラスチックの印刷データの入稿には、通常の紙の印刷時に作成するデータと異なる部分が御座います。

以下注意事項をご確認の上、データの作成をお願い致します。

1.入稿ソフトの保存形式について

入稿データは以下ソフト・バージョンでの入稿をお願い致します。

Adobe Illustrator CS6 まで

CS6以降のバージョンでデータを作成されている場合は、必ずCS6形式に変換の上、入稿をお願い致します。

2.アウトラインについて

データはすべて アウトライン をとってください。
フォントでのご指定は出来ません。

3.トンボについて

データはすべてトンボをつけてください。
ただし、印面にトンボが入ることが無いように十分注意をお願い致します。 仕上り罫は実線で指定しないよう注意をお願いします。

4.塗り足しについて

断ち切りがある場合は、上下左右3mmの塗り足しをお願いします。裁断位置のギリギリには文字・ロゴなどを配置しないで ください。

5.カラー設定について

プロセスカラー(CMYK)で入稿をお願いします。RGBでは入稿できません。
スポットカラー・特色指定時でも、必ずプロセスカラー(CMYK)に変換して下さい。

6.グラデーション・画像貼込み時の注意点

RGBモードでグラデーションのデータを作成された場合、CMYKに色変換時に色が波打ったデータが作成される 場合がございます。
これはIllustrator内の色変換テーブルに依存する現象です。

グラデーションがある場合はRGBモードでグラデーションデータを作成せず、予めCMYKモードでグラデーションを作成してください。

RGBの画像を貼付け、CMYKに変換する場合も同様の現象が発生いたしますので、グラデーション部は CMYKモードで最終修正後にご入稿ください。

7.貼付け画像の解像度について

画像を貼付ける場合は、300~350dpi (pixels/inch)以上の解像度が必要です。

8.透明効果について

透明効果(ドロップシャドウ・レイヤー効果・背景透過・不透明度など)を利用されている場合は、必ずラスタライズした後にご入稿ください。
ラスタライズの解像度は高解像度を選択してください。

透明効果箇所の確認は

[ウインドウ]→[分割・統合プレビュー]の「更新」ボタンをクリック
ハイライトの項目の「透明オブジェクト」を選択

にてデータ内の透明効果が使用されている箇所が赤色になります。

9.リンクの埋め込みについて

画像リンクは必ず埋め込み配置したのちにご入稿ください。
リンク元の画像がRGB形式であった場合、CMYK変換時に仕上りイメージと大きく色味が異なってしまうことが御座います。

10.JPEG或いはPDFデータの添付について

データ内容確認のため、イラストレータデータのJPEG或いはPDFデータ書き出しを行い、イラストレータデータと 合わせて添付してください。このJPEGデータ・PDFデータはあくまで確認用ですので製造では利用しません。

11.データ送付先について

データでのご送付はデータ容量 5MBまでの場合、以下メールアドレスへご送付ください。

info@chess.co.jp

5MBを超えるデータをご送付の場合は、大容量データ転送サービスをご利用下さい。
宅ファイル便 ・ おくりん坊 ・ データ便 ・ GigaFile便 など

データ仕様およびデータ作成の上でご不明な点がございましたら、以下までご連絡くださいませ。

集英産業株式会社 データ受付担当
e-mail : info@chess.co.jp
TEL : 06-6972-0700