オフセット印刷・UVオフセット印刷

印刷方法

印刷の種類は、それぞれの特徴がございますので用途に合わせてご選択ください。
 箔押し印刷シルク印刷オフセット印刷
ベタ刷りが可能×
メタリック印刷が可能


(金銀インク有り)

×
小ロットの印刷が安い
大ロットの印刷が安い
版代の価格が安い
(特に印面が小さい時)

オフセット印刷・UVオフセット印刷

■ オフセット印刷

PP(ベーシックカラー 0.75mm ホワイト)に UVオフセット印刷 4°+OPニス / 4°+OPニス

オフセット印刷は、版にインキを付け、一度ゴムブランケットなどの中間転写体に転写(オフセット)した後に、印刷対象へ印刷する方式です。

通常は自然乾燥、熱式乾燥でインクを硬化させますが、紫外線照射でインクを硬化させるUVオフセット印刷があり、PPへ印刷する場合に利用します。

合紙ファイル用 オフセット印刷 4° / 0° , 表PP貼り

特徴:写真などフルカラーや、グラデーションなどの表現が可能です。
版代、通し代などで小ロットの場合、高価になります。

印刷可能な生地:合紙表紙,薄紙,巻貼り表紙など

色数:4°掛け合わせ可

注意点:ビニールへの印刷は出来ません。
色校正が高価になります。

巻貼表紙用 オフセット印刷 4° / 0° , 表マットPP貼り

■ UVオフセット印刷

PP(クリスタルライン 0.75mm)に UVオフセット印刷 0° / 4°+白押え+OPニス 裏刷り

紫外線照射でインクを硬化させ、PPなど通常のオフセットでは印刷できない素材でも印刷可能です。


特徴:写真などフルカラーや、グラデーションなどの表現が可能です。
版代、通し代などで小ロットの場合、高価になります。

印刷可能な生地:PPなど

色数:4°掛け合わせ可

注意点:ビニールへの印刷は出来ません。
色校正が高価になります。

オフセット印刷の版について

オフセット印刷には、通常フィルム版と刷版が必要です。

フィルム版は再利用可能ですが、刷版は使い捨てで再利用は出来ません。

また、デジタルデータから直接刷版を作成する、CTPもご利用可能です。