シルクスクリーン印刷

印刷方法

印刷の種類は、それぞれの特徴がございますので用途に合わせてご選択ください。
 箔押し印刷シルク印刷オフセット印刷
ベタ刷りが可能×
メタリック印刷が可能


(金銀インク有り)

×
小ロットの印刷が安い
大ロットの印刷が安い
版代の価格が安い
(特に印面が小さい時)

シルク印刷

■ シルク印刷

PPにシルク3°

シルク印刷とは、木枠にシルク(絹)を張り、印刷部分以外をマスキングしゴムベラなどを使って、印刷物にインクを擦り落として印刷する方法です。

現在ではシルクは利用せずに、ナイロンやテトロンなどを利用しています。

通常は自然乾燥、熱式乾燥でインクを硬化させますが、紫外線照射でインクを硬化させるUVシルク印刷もあります。

ビニールにシルク1°

特徴:インク層を厚く盛り上げることが出来ますので、下生地の色の影響を受けにくく不透明度を確保できます。

可能な生地:PP,ビニール,巻貼り表紙,ボードなど

色数:DICカラーチップ色、金・銀など豊富

注意点:大きな凹凸がある生地にはインクが流れ込まない場合があります。
アミは基本的に出来ませんが、30線が限度です。
白抜きなどの場合、内側へ滲みが目立つ場合があります。
シルク版の伸縮が発生する場合があります。

ボードにシルク2°

■ UVシルク印刷

特徴:通常のシルク印刷は印面がマット調になりますが、UVシルク印刷はツヤにすることが可能です。
紫外線を照射しインクを硬化させます。

可能な生地:PP,ビニール,プラスチックなど

色数:DICカラーチップ色、金・銀など豊富

注意点:大きな凹凸がある生地にはインクが流れ込まない場合があります。
アミは基本的に出来ませんが、30線が限度です。
白抜きなどの場合、内側へ滲みが目立つ場合があります。
シルク版の伸縮が発生する場合があります。

■ 2液シルク印刷

特徴:通常のシルク印刷は印面がマット調になりますが、2液シルク印刷はツヤにすることが可能です。
通常インクに硬化剤を混ぜることでインクを硬化させます。

可能な生地:PP,ビニール,プラスチックなど

色数:DICカラーチップ色、金・銀など豊富

注意点:大きな凹凸がある生地にはインクが流れ込まない場合があります。
アミは基本的に出来ませんが、30線が限度です。
白抜きなどの場合、内側へ滲みが目立つ場合があります。
シルク版の伸縮が発生する場合があります。

シルク印刷の版について

木枠にシルク(絹)を張り、印刷部分以外をマスキングしゴムベラなどを使って、印刷物にインクを擦り落として印刷するため、シルク版が必要となります。

現在ではシルクは利用せずに、ナイロンやテトロンなどを利用しています。

版の構造特性上、長期保管が出来ません。