プラスチックの加工

プラスチック加工

プラスチックの加工は以下のものがあります。

切る

材料を切る方法は、割れやすい素材の場合は丸鋸でカットします。
割れにくい素材で薄物の場合は、 シャーリングや断裁でカットします。

好きな形に抜く

割れない素材で薄物の場合、木型を作りプレスして抜くことができます。
同時に折り罫や穴を開けることも可能です。
厚物の場合は、ルータでカットします。

穴を開ける

穴を開ける場合は、ドリルを使用しますが真円でない場合はルーターで穴を開けます。
割れない素材で薄物の場合は、木型を作りプレスします。

曲げる

熱をかけて曲げます。
罫押しができる薄物であれば、プレスして折り罫をつけて曲げます。

接着する

接着液が使えるものは、接着液を利用し接着します。
PPなどの使えない素材については、熱で溶着します。

印刷する

基本的にシルク印刷が適しています。
曲面に印刷する場合は、PAT印刷を利用します。
硬質塩ビの薄物については、箔押しも可能です。